1. 取り扱い製品
  2. FortiMail
  3. 製品概要

取り扱い製品 Products

FortiMail

必要な機能がすべてここに! オールインワン セキュア メールアプライアンス

製品概要

main_img.jpg header_button1.gif  header_button2.gif  header_button3.gif

メールアプライアンスに求められる機能がすべてオールインワン

FortiMailは、FortiGate(UTM)でおなじみのフォーティネット社のオールインワン セキュア メール アプライアンスです。FortiGateに裏打ちされた豊富なセキュリティ対策はもちろん、管理性にも優れ、サーバ機能も搭載した統合メールアプライアンスです。FortiGateと同様にユーザーライセンスに制限がないため、コスト面でも非常に有効で、TCO削減に貢献します。

FM_01.jpg

ネットワーク規模、構成に柔軟に対応可能

FM_02.jpg     ■ アンチスパム・ウィルスゲートウェイとして
     - アンチスパム、アンチウィルスゲートウェイとしてFortiMailを設置(ゲートウェイモード)
     - ファイアウォール背後にSMTPブリッジとして設置(トランスペアレントモード)
     - FortiMailによる未認証クライアント(SMTP Auth)の送信拒否

FM_02.jpg     ■ セッション制御・アンチウィルスとして
     - SMTPクライアントのメール流量制限とアンチウィルスを実施SMTPクライアントは
      主にデータセンタ上のIT機器(アラートメール送信)
     - セッション制御(クライアント毎の時間あたりの接続制限)は
      FortiMail - SMTPクライアント間
     - 機器単位でMAIL FORMを変更(別アドレスにマッピング)

FM_02.jpg     ■ メールサーバ(MTA)として
     - 既設メールサーバをFortiMailにリプレース
     - アンチスパム、アンチウィルス、コンテンツフォルタリングを同時に稼働可能
     - 老朽化したメールサーバの代替とメールセキュリティの一元化(統合)を実現
     - FortiMailをHA構成でサーバの死活監視、設定を同期
     - メールサーバとしての利用時は外部ストレージ必須

FM_02.jpg     ■ 災害情報配信サーバとして
     - 自治体の災害情報配信サーバとして運用
     - FortiMail HA構成で設置(サーバモード/A-P構成)
     - MTA機能だけでなくアンチスパム、アンチウィルス機能を併用(アウトバウンド)

FM_02.jpg     ■ メールアーカイブとして(上長化 + 外部ストレージとの連携
     - FortiMailをHA構成でサーバの死活監視、設定を同期
     - メールアーカイブで利用する場合は外部ストレージが必須
     - 外部ストレージにメールボックス、メールアーカイブなどすべてのデータを保存

※すべての製品名は各製造メーカーまたはその他の国における商標または登録商標です。