1. 取り扱い製品
  2. PIOLINK
  3. 製品概要

取り扱い製品 Products

PIOLINK

販売後10年間の保証で安心のスイッチベースの高性能なロードバランサ

製品概要

1台で回線負荷分散とサーバロードバランスを実現!


PIOLINK Application Switchは、スイッチベースの高性能L4-L7ロードバランサです。

 ■ 高パフォーマンスを実現
   専用ASICと専門エンジンボード(ASE)での高速処理
   低消費電力(34W~140W)
 ■ 簡単なインテグレーション
   ブリッジモードでネットワーク構成の変更なしに導入可能
   GUI、各種マニュアルを日本語で提供
 ■ 高耐障害性
   安心の10年間修理保証
   Gフラッシュメモリの2重化、電源の2重化
   MTBFが長い(8.3年~11.3年)
 ■ 高耐障害性
   保守費も同様に安価

1選ばれる理由があります。


PIOLINK社のPASシリーズは次の要件を満たします。

 ■ コスト
   コストパフォーマンスが優れている
 ■ 品 質
   故障率が低く、保守は継続して10年を保証(保守更新が10年可能)
 ■ 機能性
   シンプルなLBながら重要な機能を網羅
   サーバLB機能、回線LB機能の両方に対応
 ■ 設計性
   アドレス設計に制約が少ない
 ■ 処理性能
   充分なサイジングの確保
 ■ 操作性
   日本語のWebGUIとCLI操作の両方が充実。
 ■ 情報性
   日本語マニュアルやケーススタディーの提供    piolink_img_01.jpg

SSL公開鍵長2048bit使用時も安心の性能


モデル PIOLINK
PAS 3716
-SSL3000
PIOLINK
PAS 5216
-SSL5000
PIOLINK
PAS 8216
-SSL10000
PIOLINK
PAS 10020
-SSL10000
SSL公開鍵長
1024bit
3,000 TPS 5,000 TPS 10,000 TPS 10,000 TPS
SSL公開鍵長
2048bit
影響範囲:性能劣化は「低~無し」
※詳細情報については、別途お問合せをください。
 当社で確認したデータなどをご案内させていただきます!!

暗号化の2010年問題


 ■ 2010年問題とは・・・
   現在使われている暗号アルゴリズムが将来的に使用できなくなる事に伴い、発生する問題
 ■ 暗号アルゴリズムの安全性
   暗号アルゴリズムの強度は「計算量」に依存するが、コンピュータの性能向上、
   暗号解読技術の進展によって解読に必要な計算量が低下するため強化が必要
 ■ 証明書の認証局は2048ビット証明書のみを発行
   各認証局が現在の1024ビットから2048ビットキーへ移行する
   ・VeriSign ・GeoTrust ・Entrust  ・GoDaddy ・Extended Validation
 ■ SSL処理の問題
   公開鍵が長くなる事により「SSL処理のパフォーマンス」に影響する事が懸念されている